無料
エロ
動画
< 2021年08月 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  | 2021年10月 >
Home  > RPG旧レビュー >  ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地 レビュー

ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地 レビュー

ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地
ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地

■ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地の概要

ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地は
勇者の子孫である主人公が好きな女戦士と同じ姿に変化してしまい、
好きな女戦士に認められるため、魔王を倒しに行く、
元の姿に戻るために変化の杖を探しに行く王道系な
女体化系RPGです。

敵は通常のモンスターで、戦闘も魔法、物理攻撃といった
通常系のRPGです。
仲間はモンスターです。
通常マップ上に歩いているモンスターたちを
条件を満たせば仲間にできるようになっております。


■ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地と
 原作の関連性


ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地は
ドラゴンクエストの二次創作要素が多数含まれています。
魔法やモンスター、キャラクターグラフィックなどが
意識されていると思われます。

■ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地の特徴

ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地の特徴は
モンスター選択を始めとしたゲーム性の高さ、女体化RPG、下ネタ系コメディ作品です。

・モンスター選択を始めとしたゲーム性の高さ
総勢37のモンスターキャラクターから好きなモンスターを
3体仲間としてつれていくことが可能です。

仲間は種族によって装備品が異なっていることや、
技などが異なる程度です。
ですので細かい特殊技が違う、専門武器があるなどはありません。
ですので、どちらかというと37人のメンバーから
好きなパーティを選べると考えていただくのが
いいのではないかと思います。
自分の好きな原作キャラクターを活用するのも楽しいですし、
取得できる技の傾向から育成することなどでも
楽しむことが出来ます。

・女体化RPG
要注意項目も書いておきます。

この作品は女体化した主人公のエッチが中心です。
その為、レズ系や敵に敗北して無理やり犯されるといった
シチュエーション、自慰などが中心になります。
ラブラブ系も基本的にレズになりますので、
男女のラブラブ系はほぼありません。

また、エッチシーンは描写が無く、会話シーンとHCGでのみ
構成されています。
会話シーン自体は長く、CGも比較的高いレベルですので、
問題はさほどりませんが、
人によっては蛋白に感じる方もいるかも知れません。

・下ネタ系コメディ作品

要注意項目も記載しておきます。
コメディ系の強いイメージを受けました。
ゲーム性としてのバランス調整などは面白く、
シナリオもDQ3のように、サクサク進むようなシナリオで、
ところどころ笑いを取ろうとしている努力は感じます。

ただ、ちょっと悪ノリな印象をうける部分もありました。
個人的に下ネタは比較的嫌いという偏見も入ってしまうかもしれませんが、
シナリオ内にエイズ、性同一性障害などの社会的な問題に関しても
取り上げられていました。

この辺も、比較的にコメディタッチで書かれている部分があります。
その為、人によっては笑えないと感じる方がいるかもしれません。

ですので、コメディ作品と割り切って出来ない方は
購入を見送るべきだと思います。

■ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地を
 お勧めする人


・女体化主人公が好きな方
・オリジナル性の高いパーティ構成の冒険をしたい方
・長編を希望する方
・敗北して犯されるようなエッチが好きな方

■ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地を
 お勧めできない人


・レベルを上げを地道にやっていくゲームが嫌いな方
・男主体のエッチシーンが好きな方
・レズ・陵辱が嫌いな方
・社会派の方、コメディ作品と割り切れない方。

■ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地のまとめ

このサークルさんの作品は、過去に何回か購入しており、
ゲーム性が高いことが多く、今回も楽しませていただきました。
ただ、若干エッチシーンに物足りなさを感じることがあり、
あまりエッチシーン目的については考慮しないで購入を行いました。

ですが、当方はセックスファンタジーから1作品飛ばしてプレイした
感じになりますが、セックスファンタジーに比較して
エッチシーンは向上していたと思いますので、個人的に
今後はエロイ方向にも進歩してくれそうだと、期待を
感じることが出来ました。

ただ、やはりこの作品もオススメ出来るのは
ゲーム性だと思っております。

魔物も序盤から選択肢が広いので、好きなキャラクターで
選べます。
37体全てを仲間にすると秘密のダンジョンも開きます。
(ただ敵が強いだけでしたが・・・)

集める難易度自体は難しく無いので、
ちょっとしたやりこみが好きな方もいいのではないかなと思います。
(私は秘密ダンジョンクリアまでだいたいプレイ時間10時間でした)

女体化RPGというまだまだ珍しいジャンルに入りますので、
その辺が好きな方は、チェックしてみるといいんじゃないかなと
思います。

■販売ページ


■サークルページ
サイバー桜

■質問とレビューサイト様募集

質問を受付中です。
システム的なことなどの質問などがありましたら、メールフォームよりお願いします。

また、ギャルゴンクエスト アヘ顔と女体化と淫乱の大地を始め、
当サイトで紹介している作品のレビューしているサイト様も募集しております。
当方は出来る限り利用者への情報提供を行いたいと思っているため、
こちらからレビューサイト様へのリンクも貼らせていただきたいと思っております。

ぜひ、ご連絡をお待ちしております。

エロRPGレビュー一覧

Comment

Comment
非公開コメント


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。


Trackback

URL


close