無料
エロ
動画
< 2021年05月 |  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  | 2021年07月 >
Home  > RPG旧レビュー >  冒険者の町を作ろう! レビュー

冒険者の町を作ろう! レビュー

冒険者の町を作ろう!



冒険者の町を作ろう!の概要

冒険者の町を作ろう!は性霊使いの主人公が、
ある日小さな村の村長を任され、
村の周りにダンジョンが多いことから、
冒険者を達を基軸に、村を大きくしていく
シュミレーション要素の大きいRPG作品です。
戦闘などはほぼ自動で、ダンジョンに冒険者を
割り振ったあと、魔法で援護する形になります。

原作との関連性

冒険者の町を作ろう!はオリジナル作品です。
二次創作などではありません。

RPG的特徴
冒険者の町を作ろう!のRPG的特徴は
半オート戦闘、育成RPGの2点です。

・半オート戦闘
このゲームの戦闘は特殊です。
戦闘は村の建築やアイテムの入荷などを行う
ターンの後に、冒険者達をどこのダンジョンに
向かわせるかを決め次第、戦闘が始まります。
ダンジョンには1ダンジョン最大四人まで
潜らせることが可能です。
ダンジョンの探索が始まると、チビキャラ達が
ダンジョンの奥へ奥へと入り込んで行きます。
この様子はダンジョンすべての様子が
リアルタイムで表示されます。

モンスターと出会うと戦闘になります。
戦士系の冒険者は接近して戦い、
弓系のキャラは間合いを取って矢を放ち、
HPが少なくなるとそれぞれのキャラが手持ちの
回復アイテムを使い……と、勝手に行動し始めます。
このように、基本的には自動戦闘になります。
しかし、プレイヤーであるあなたは
魔法で援護を行うことが可能です。
味方を回復する魔法や敵を攻撃する魔法、
味方の能力をあげる魔法などです。
魔法にはMP消費はなく、無限に利用が
可能ですが、一度魔法を使用すると、
一定時間同じ魔法は使えなくなります。
以上が簡単な戦闘システムの解説です。
簡単に言えば、『オート戦闘を魔法で援護する』といった感じになります。

・育成RPG

半オートの戦闘ですので、
冒険者の育成が重要です。
積極的にダンジョンに向かわせて
レベルアップを計るだけではなく、
時には易しめのダンジョンに多くの冒険者を
割り振り、アイテムを多く入手させ、
冒険者それぞれの資金を多く取得させ、
良い装備品や回復アイテムを買わせるように
仕掛けていかなければいけません。

この作品の長所

この作品の特徴はお手軽シュミレーション、
ノベルのしっかりRPGの2点です。

・お手軽シュミレーション

お手軽なシュミレーションゲームとしては
最適な難易度のゲームだったと思います。
街の運営や冒険者の育成なども
そこまで複雑ではないので、経営シュミレーション
などとしては、入門にふさわしい内容の
作品な印象を受けます。

・ノベルのしっかりRPG

この作品は基本的にはADV形式で
キャラクターとの掛け合いなどがシナリオで展開されます。
このシナリオもしっかりとしており、
丁寧な印象です。

この作品の弱点

この作品の残念だった点、もったいないと感じた点は
ヒロインが固定、シュミレーションの難易度です。

・ヒロインが固定

美人キャラが多く出てくる割に、
ヒロインの選択システムがないことが
ちょっと残念な印象を受けました。

各キャラクターとエッチが出来るので、
可能であれば、ヒロインの選択なども
出来れば、もっと愛着や周回プレイに
繋がったんじゃないかなと思います。

・シュミレーションの難易度

入門的には最適な印象でしたが、
経営シュミレーション好きな私個人としては
もうちょっと難易度が難しめだったり、
細かい配慮が合ったほうが良かったんじゃないかなと
思います。

ランダムイベントなどでお金が変動することもなく、
冒険者の職業もあまり多くない。
冒険者自体も15人ちょっと越えるぐらいと、
もう少し規模が大きかったり、意外性のあるイベントが
発生してくれれば、もっとシュミレーションゲームと
しての質が高くなったんじゃないかなと思います。

この作品をお勧めする人

・育成シュミレーションが好きな方
・リアルタイムな戦闘が好きな方
・色々なキャラとエッチがしたい方
・明るい作品が好きな方

この作品をお勧めできない人

・シュミレーションが嫌いな方
・1人のキャラと多くエッチしたい方

冒険者の町を作ろう!のまとめ

どちらかというと、RPGよりは、
シュミレーション要素の強い作品です。
全体的に難易度は易しめだと思いますが、
エッチ作品もここまで出来るようになったのか!
と、驚きを隠せないぐらいのシュミレーション
システムではあると思います。

2000円ぐらいとちょっと高めのお値段ですが、
プレイ時間6時間ぐらいは楽しめると思いますし、
サクサクとストレスなく遊べるゲームの
一つであると思います。

■販売ページ



■サークルページ
玉藻スタジオ

■みなみよつばの個人的総合評価

80点

全体的に丁寧な作りで、
高めの値段も納得の作品です。

ただ、やはりちょこっと同人としては
高いかなという印象もあります。

また、シュミレーションゲームとしては、
もうちょっと物足りない部分や、後半の展開が
駆け足気味だったかなという印象も受けます。

ですが、全体的には質の高い作品なので、
面白そう!
と思ったら、購入をしてもいい作品だと思います。


エロRPGレビュー一覧

Comment

Comment
非公開コメント


画像の文字を半角数字で下記ボックスに記入ください。
文字が読みにくい場合はブラウザの更新をすると新しい文字列が表示されます。


Trackback

URL


close